あ~、アレか。

家でもう一回確認したら、わかるかも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風林火山

喰日:2012/11/xx
所在:神奈川県伊勢原市小稲葉1267-1
履歴:陰と雷霆

伊勢原に来る機会がありました。

以前訪問したことがある
日の出製麺所前の長沼交差点から
南に向かって300mくらいのところですかね。

20121127_ラーメン風林火山-001

駐車場も広く取られているので
車訪問しても問題なく停められます。

券売機
20121127_ラーメン風林火山-002

ラーメンが790円~。
正直な感想はメッチャ高いのですが
お目当ては更にお高い。

手渡すとお好み訊かれます。
どうやら家系と同じように選択できるようですね。
まぁ初見なのでそのままでオーダー。

店員は3名。
カウンター10席。
テーブルが3卓といったところかな。
かなり清潔感のある空間です。

卓上
20121127_ラーメン風林火山-008
20121127_ラーメン風林火山-007

いろいろな調味料が取り揃っています。

さぁ着丼です。

みそ味デカデカチャーシュー麺 1,300円
味付タマゴ 100→0円
20121127_ラーメン風林火山-011
20121127_ラーメン風林火山-010

な、なんじゃこりゃ~。
ぱっと写真だけでは良く判らないかもしれないが
近くに置いたコップと見比べて欲しい。

もちろんコップは標準サイズそのもの。
まず丼事体が大きいのが想像できるだろうか。
その丼の面積を裕に覆えるほどのチャーシューが
まさに鎮座しているではないか。

確かに訪問前に写真を何枚も確認していて
既に脳内ではイメージは出来上がっていたが
その陳腐な想像を還付なきまでに破壊してくれましたよ。

さて、実際の味ですが。

うまい。

炭火で炙られているだけあって
カリカリの焦げが食欲を駆り立てます。

20121127_ラーメン風林火山-009

目の前で炎を上げながら焼かれてましたから
嘘偽りなき叉焼でありますなぁ。

20121127_ラーメン風林火山-006

麺は細めん。
味噌ながらあっさりスープがなかなか。

ボリューム満点でお腹いっぱい。
さすがにスープは飲めなかった。w

大通りから離れているお店ながら
市民権は得ている感じで
お客が尽きることはなかった。

チャーシューの新境地を開きたい方には
おすすめできるお店です。


72/100
スポンサーサイト

コメント

Secre

FC2 Counter
Search form
Link
Latest article
Month Archive
Category
Latest comment
Latest track back
Display of RSS link
QR Code
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。